人生楽しくGood Luck | Good Luckに人生楽しく過ごしましょう

自分自身の人生!楽しく過ごしていきませんか?皆さんが幸せな人生になる情報を発信します!Good Luck!



新元号、「天翔」が最有力案だった 葬儀社に使われていたためボツに

   

新元号、「天翔」が最有力案だった 葬儀社に使われていたためボツに

1 名前:ニライカナイφ ★:2019/05/01(水) 18:05:44.89 ID:Tc69iCY49

◆ 新元号「天翔」が一時最有力案…万葉集など出典
shingengou-01新元号の選定にあたり、政府が一時、万葉集などを出典とする「天翔てんしょう」を最有力案と位置づけていたことが30日、わかった。今年に入り、安倍首相を交えて開いた協議で賛成意見が多数を占めた。しかし、葬儀社の社名などに使われていることが判明し、最終案には含めなかった。

新元号選定では、古谷一之官房副長官補ら内閣官房幹部が、古典の学者が提出した100以上の案から候補を絞り込んだ。そのうえで、首相や菅官房長官、杉田和博官房副長官らごく少数の幹部に示した。この中に「天翔」があった。万葉集のほか、「古事記」にも由来を持つ案だったという。

協議では、「イニシャルのTが大正と重なる」「画数が多い」などの慎重意見も一部にあった。だが、首相はかねて万葉集などの国書(日本の古典)からの引用が望ましいと考えていた。「天翔が一番のお気に入りの案」(首相周辺)となり、他の出席者もおおむね支持したという。

一方、政府が元号を選ぶ際の基準として、「俗用されていない」ことなどが条件となっている。天翔は葬儀社名などに使われていることがのちに分かり、「新元号としてふさわしくない」として見送った。

このため、首相は3月20日以降に古谷氏らに指示し、学者に追加の案の検討を依頼した。万葉集研究の第一人者、中西進・国際日本文化研究センター名誉教授が追加提出した案に「令和」があった。3月27日の少人数の会議で令和を見た首相は、「待ったかいがあった」と喜んだという。

http://news.livedoor.com/article/detail/16398306/

続きを読む

スポンサーリンク

 - 最新ニュース

×